元気よく話そう

風俗店の面接に臨む際に、自分のキャラクター設定をしっかり確認しましょう。採用に向かうためには、お客さんへの接客に問題が無いという判断が必要になります。そのためにも、元気よく話すというポイントには注目すべきです。

元気よく話ができるということは、お客さんとの時間を退屈させないイメージが彩られます。沈黙が続くようであれば、いくらプレイに興奮できたとしても、総合的には「楽しめなかった」という感想になってしまいます。それをプラスに向かせるためには、トークを弾ませるなど、プレイ以外の時間でもお客さんを満足させなければなりません。

うるさく話す必要はなく、さりげなく会話が展開できて、お客さんの話に耳を傾けてリアクションをするというキャッチボールができるだけでも十分です。それに元気な要素がプラスされると、相手もプレイに向かう興奮がじわじわと高まります。

風俗嬢としてどのようなサービスがイメージできるかが明確なほど、採用側にとっては合格をつけやすくなります。元気よく話せるというだけでも、個性としては十分プラスです。顔やスタイルよりもコミュニケーションスキルを求められる風俗の世界。対応力に意識を向けるだけでも、面接を成功させられる可能性を切り開くことができるはずです。